関東近郊に住む生活のこと。

【グランドシネマサンシャイン池袋】でブラック・パンサーを見た

Post2022-12-03 last 2022-12-5

先日、グランドシネマサンシャイン池袋ブラック・パンサーを見てきました。

グランドシネマサンシャインは映画館として、内装なども面白かったのでスクリーンの詳細なども含めて紹介します。

 

グランドシネマサンシャイン池袋とは?

シネマサンシャインは佐々木興業株式会社が運営するシネコンで、四国と首都圏に15サイト展開しているとのこと。

四国に初の4DXシアターを導入などを行っています。

今回私が行ったグランドシネマサンシャイン池袋は2019年にオープンしました。

   

スクリーン数12スクリーン
座席数2443席(オープン当時都内最大)

デザインのコンセプトは「邸宅のシアター」とのこと。

ロビーに大理石が使われているのですが、中国に行って自分たちの目で見て買い付けをしたほど、空間作りにはこだわっているようです。

ちなみに今回はブラック・パンサーを見に行ったのですが、ブラック・パンサーのマスクがありました。

ブラック・パンサーヘルメット

思っていたより大きくて、重そうす…。

実際につけていたものとは違うとは思いますが、映画では確認できない細かいところまで見ることができて楽しかったです。

  

球体オブジェ
球体の名前は「Lumiēre」

4階ロビーでは球体のオブジェをみることができました。光を照射することで、万華鏡のようになっていて気になりました。

映画館のロビーに入って一番に目に飛び込んできて、意外と迫力があります。

  

   

   

 

 

スクリーンの種類と料金

基本料金にプラスすることで、いろいろなタイプのスクリーンや椅子で映画を楽しむことができます。

基本料金

一般¥1,900
大学生 ※要学生証¥1,500
高校生・中学生・小学生 ※高校生は要学生証¥1,000
幼児(3歳以上)¥1,000
シニア(60歳以上)¥1,200
ハンディキャップ¥1,000

スペシャルシート料金

プレミアムクラス
※ミールクーポン700円分が含まれます
+¥1,500
グランドクラス
ミールクーポン1,200円分が含まれます
+¥3,000
フラットシート追加料金なし

基本利用料にシート料金をプラスすることで、シートが変わるだけでなくミールクーポンもついてきます。

ミールクーポンは5階のクラッパーズダイナー、12階のバール パノーラマで利用することが可能です。

 

座席の種類

グランドシネマサンシャインの座席種類はグランドクラス・プレミアクラス・スタンダードクラス・ラットシートの4種類があります。

一番、料金設定が高いグランドクラスは機能も豊富です。

【グランドクラスの機能】

・電動リクライニング

・サイドテーブルにボトルクーラー

・USB電源

  

スクリーン料金

スクリーン料金
IMAX+¥700
IMAX3D+¥1,100
4DX SCREEN+¥1,500
4DX+¥1,100
Screen X+¥600
BESTIA+¥200
3D(RealID)+¥400

  

3DやIMAXなど見るスクリーンも選ぶことが可能です。

一般料金の方が、例えば3D作品をBESTIAで鑑賞する場合は下記費用が発生します。

一般¥1,900+3D鑑賞料金¥400+BESTIA鑑賞料金¥200

合計 ¥2,500

劇場設備

階数スクリーン(音響システム)
4Fフロアシアター1(デジタル7.1ch)
シアター2(デジタル7.1ch)
6Fフロアシアター3(デジタル7.1ch)
4DX SCREEN(デジタル7.1ch)
8Fフロアシアター5 BESTIA(DOLBYATMS/DTS-X)
シアター6 BESTIA(DOLBYATMS/DTS-X)
10Fフロアシアター7(デジタル7.1ch)
シアター8(デジタル7.1ch)
シアター9(デジタル7.1ch)
シアター10(Sculptured Surround)
シアター11(デジタル7.1ch)
12FフロアIMAX(IMAX12ch)

   

10階が一番シアター数が多いですね。また、12階はレストランとIMAXのみのフロアになっています。

ちなみに、スクリーンの大きい順に並べるとこんな感じです。

1位 IMAX(12F)   高さ18.9m 横幅25.8m

2位 シアター3(6F) 高さ6.7m  横幅16.1m

3位 シアター5(8F) 高さ6.5m  横幅15.6m

4位 シアター6(8F) 高さ6.3m  横幅12.7m

5位 4DX SCREEN(6F)高さ5.8m  横幅13.6m

6位 シアター10(10F)高さ5.6m  横幅10.5m

7位 シアター11(10F)高さ5.6m  横幅10.4m

8位 シアター9(10F) 高さ5m  横幅9.3m

9位 シアター2(4F) 高さ4.4m  横幅8.3m

10位 シアター7(10F) 高さ3.8m  横幅7.1m

11位 シアター8(10F) 高さ3.8m  横幅7.1m

12位 シアター1(4F) 高さ3.8m  横幅7.1m

シアター7、シアター8、シアター1のスクリーンは同じサイズですね。

4DX SCREENは日本初となる体験型シアター。IMAXは国内最大級のスクリーンサイズです。

どのくらい大きいかと言うと、スクリーンの高さはマンション6階くらいとのことで、かなり迫力がありそうですね。

ブラック・パンサー ワガンダフォーエバーはIMAXで見ようとするとすべて3Dのみとのことだったので、今回はIMAXではないスクリーンで見ましたが、次回はIMAXに挑戦したいですね。

(最初は集中してみるためにも2Dがいいなと思ってしまいました…)

  

  

気になるポイント  

グランドシネマサンシャイン池袋には映画好きがわくわくするようなポイントがたくさんありました。

名作ポスター

エスカレーター脇の壁には、歴代の名作ポスターが飾られています。

 

グランドシネマサンシャインエスカレータ

  

階を上がるにつれて年代が新しくなる仕様なのも面白く、懐かしい映画のポスターを見ながら、もう〇年も昔の映画なのか…と時代の流れを感じることができました。

  

月世界旅行

一番最初に飾られていたのは、1902年に公開されたジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』でした。

世界で最初のSF映画がポスターの一番目というのはロマンがありますね!

 

 

各階はおそらく映画の街と言われているだろう海外の都市の写真が貼ってあり、おそらく各国の映画祭をイメージしているのかなと思います。映画好きの友人のお家へ遊びに来たみたいな雰囲気も味わえました。

映画にまつわる小物や本・写真集がたくさん。

  

フロアを見ているだけでも、いろいろな映画の要素が詰まっていそうで、時間があっという間に感じました。

シアターがあるフロアには上映開始時間の10分前くらいからしか入場できませんが、待ち時間にいろいろと散策するのも楽しいですね。

  

  

  

  

ロビーなどもブラックパンサーのポスターが飾ってあったり、5階のカフェ「クラッパーズダイナー」もブラックパンサー仕様になっていたりと、映画前にもわくわくするおもてなしを感じました。

 

今回はレストランなどには入らなかったのですが、次回はカフェやレストランに入ってみたいなと思います!

バール パノラーマ
バール パノラーマ

特に12階にある「バール パノラーマ」は池袋の街を見下ろすこともできて景色もすごく良いのですが、天井のスクリーンで映像が流れていて、食事しながら予告編を見て「次回はなんの映画を見ようか?」と考えるのも楽しそうです。

  

今回は、グランドシネマサンシャイン池袋でブラック・パンサーを見てきました。

グランドシネマサンシャインは映画をみるだけでなく、他にもたくさん楽しめるポイントがあったので、また行きたいと思います!

  

グランドシネマサンシャイン 池袋

 

〒170-0013

東京都豊島区東池袋30-34

グランドスケープ池袋 4~13階

 

24時間上映時間案内TEL:03-6915-2722

駐車場:グランドスケープ池袋有料駐車場あり