旅行や映画、その他生活に関することを紹介

エコノミークラスでも快適に過ごせるおすすめグッズ【2020年版】

今回は長時間フライトの際に快適に過ごすためのおすすめグッズを紹介いたします。

エコノミークラスでも快適に過ごせるおすすめグッズ

長時間のフライトの際、少しでも快適に過ごしたいという方が多いのではないのでしょうか。

旅行先で観光を楽しむためにもフライトで疲れてしまうのはなるべく避けたいですよね。

   

   

   

マスク

飛行機内はとても乾燥します。

乾燥で喉に痛みが出てしまう場合もあります。

そのためマスクは必需品です。

また、喉だけでなく肌の乾燥を防ぐこともできます。

特におすすめなのが濡れマスクです。

長時間フライトの場合、濡れマスクであっても乾燥してしまうので予備として2枚以上持っていくのがおすすめです。

↓ピッタマスクは眼鏡が曇らないので眼鏡をかけている方へおすすめです。

    

CAさんにお願いすればお水はもらえますが、呼んでもすぐに来てくれるかはわからないため持ち込むのがおすすめです。

10時間以上のフライトであれば1リットルくらいは持って入るのが良いでしょう。

     

   

リラックスできる服

飛行機に乗る際はできるだけゆったりとした服装を選ぶのが良いでしょう。

ジーンズなど硬い素材のものではなく、ウエストはゴムなどでできている柔らかい素材のズボンなどがおすすめです。

↓ワンピースなどは締め付けがないので楽ですが、足元の寒さ対策も忘れないでください。

   

スリッパやクロックス

長時間座っていると足がむくんで靴を履くのも大変・・・という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

トラベル用のスリッパを1つ持っていき座席で履き替えるようにすると快適です。

また、機内は冷える(特に国際線)ので内部が温かいもの、または厚手の靴下を持って行くのもおすすめです。

      

    

カーディガンなど

機内は季節を問わず寒いことが多いので、何かカーディガンなどの羽織れるものを持ち込みましょう。

厚手のものなどは荷物になってしまうので、薄手で暖かいものがおすすめです。

    

イヤフォンまたはヘッドフォン

機内で周りの音が気になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、ノイズキャンセリング機能付きのイヤフォンまたはヘッドフォンです。

周りの音が気にならず、映画などを楽しむことができます。

また、機内で渡されるイヤフォンなどが耳に合わない場合もあるの自分で持ち込むのをおすすめします。

     

    

ネックピロー

フライト中に睡眠をとる方も多いと思います。

肩や首を痛めないためにもネックピローは欠かせません。

フード付きのネックピローも販売されているので、光が気になる方や寝顔を見られたくない方などにはおすすめです。

    

歯ブラシ 口腔ケアグッズ

機内食を食べた後に、歯を磨きたいですよね。

そう思う方が多いからか、食事後はトイレに列ができることも多いです。

そんな時は歯磨きシートなどを一応持っていると良いです。

しっかりと磨けるわけではないですが、少しすっきりします。

     

   

保湿グッズ

先ほど記載したように、とにかく機内は乾燥します。

肌の乾燥対策のために、保湿グッズを持ちこむのをおすすめします。

とくに乾燥肌の方は、美容オイルなどを使うとより乾燥を防ぐことができます。

また、目薬やリップクリームも重要です。

     

     

   

動画コンテンツ

長時間フライトの場合、時間をつぶす方法を考える必要があります。

飛行機内で映画や動画コンテンツを見ることができますが、海外の航空会社の場合は日本語吹き替えや日本語字幕がない場合があります。

そんなときのために、スマートフォンやタブレットに事前に動画をダウンロードしておくのが良いでしょう。

U-NEXT は見放題作品が31日間無料で視聴可能です。またダウンロードしてタブレットなどに保存することもできます。

今回は、エコノミークラスでも快適に過ごせるおすすめグッズを紹介させていただきました。

皆さんの参考になれば幸いです。