関東近郊に住む生活のこと。

ロンドン旅行必需品オイスターカードについて

公開日 2019-12-27 最終更新日 2022年11月26日

ロンドンといえば、チューブと呼ばれる地下鉄やダブルデッカーと呼ばれる二階建てのバスが有名ですよね。

   

     

今回は、ロンドンで地下鉄やバスを利用する際に必ず必要となるオイスターカードについて紹介します。    

    

ロンドン旅行必需品オイスターカードについて

オイスターカードは日本のsuicaなどと同じような交通系のICカードになります。

チャージ式で何度も使える点が、日本の交通系ICカードと変わりません。

地下鉄の利用などは、切符を購入して乗ることもできるのですが

オイスターカードの利用だと半額くらいの値段で乗ることができます。
※ オイスターで2.40ポンド、現金で4.90ポンド

また、バスの乗車料金支払いに関してはオイスターカードのみになります。現金やクレジットカードでの支払いはできません。

      

購入方法

日本で購入

参照元: 英国政府観光庁オンラインショップ

日本に居ながら、事前に購入することも可能です。

こちらの 英国政府観光庁オンラインショップ から事前にビジター・オイスターカードが購入できます。

事前に購入するオイスターカードはビジターオイスターカードと言って、通常のオイスターカードとはデザインが違います。

また、送料がかかるるため現地で購入するオイスターカードよりは少し高くなります。

購入の際にチャージ金額を設定することができます。

1週間の滞在であれば50ポンドのチャージで十分とのことです。

また最初に保証金として5ポンド支払います。

    

ロンドンで購入

参照元:トラベロコ

ロンドンに着いてからでも通常のオイスターカードは購入することが可能です。

また、カードを購入する券売機も日本語に対応しているため心配ありません。

Oyster: Buy, top-up and refund と記載のある券売機で購入が可能です。

こちらもビジターオイスターカードと同じく、最初に保証金の5ポンドがかかります。

こちらのオイスターカードにはビジターオイスターカードとは違い、2年の有効期限があると紹介されていることもありますが、実際は問題なく使用できるとのことです。

また、購入の際はゾーンを選択する必要があります。

中心部分がゾーン1、数字が大きくなるについれ中心地から離れていきます。

ヒースロー空港がゾーン6、観光地が多い中心地がゾーン1・2です。

    

     

チャージ方法と注意点

残高が10ポンドを切った場合はチャージをしましょう。

乗り越してしまった場合、清算機などはないため事前にチャージをしっかりしておく必要があります。

もし改札を出る際に金額が足りなかった場合は、罰金がとられてしまうので注意しましょう。

ちなみにチャージのことはTOP UPといいます。

     

    

     

運賃について

上記でも紹介しましたが、オイスターカードの利用により普通の切符を使うよりも安く乗車することができます。

地下鉄料金(片道)
ゾーン切符カード
Zone 1£4.90£2.40
Zone 1 & 2£4.90£2.90
Zone 1 To 3£4.90£3.30
Zone 1 To 4£5.90£3.90
Zone 1 To 5£5.90£4.70
Zone 1 To 6£6.00£5.10
Zone 2 To 6£5.90 £2.80

    

また、ある一定の料金を使用するとそれ以上請求されることはありません。

電車バス
ZONE 1-2£7.00全てのゾーン共通£4.50
ZONE 1-3£8.20
ZONE 1-4£10.10
ZONE 1-5£12.00
ZONE 1-6£12.80

   

オイスターカードが使える交通機関

  • ロンドン地下鉄(チューブ)
  • オーバーグラウンド、およびロンドン市内を運行するナショナル・レイル
  • ロンドン交通局バス
  • サウス・ロンドン・トラム(路面電車)
  • ドックランド・ライト・レイルウェイ(DLR)
  • テムズ・ケーブルカー(Emirates Air Line)

DLRのみの駅では改札がないですが、かならずカードリーダーはあるのでタッチするのを忘れないようにしてください。

ヒースロー空港からヒースローエクスプレスを利用する人もいると思いますが、ヒースローエクスプレスもオイスターカードが利用できます。

  

      

割引特典

ビジターオイスターカードがあると、レストランやアトラクションで限定の割引やサービスを受けることができます。

ハードロックカフェでカクテルのサービスがついたり、ミュージアムで割引が使えたりと知っていて損はなですね。

例えばこんな場所で割引が使えます↓

  • 国立美術館
  • ロイヤルアルバートホール
  • ロイヤルアカデミーオブアート
  • プラネット・ハリウッド  

全部で40種類のサービスを受けることができます。

こちらからサービスの一覧を見ることができます。

    

     

払い戻し

オイスターカードは購入後48時間たつと返金することができます。

保証金として最初に支払った5ポンドもこの時に返却されます。

10ポンド以上の払い戻しになる場合は窓口での対応になります。
10ポンド未満であれば券売機で払い戻しができます。REFUNDと記載のある券売機を探してください。

おつりがないなど券売機の状態によっては受け付けてもらえない場合もあります。

また、一度払い戻しをしてしまうとそのカードはもう使えなくなってしまいますので、もう一度ロンドンを訪れる予定がある方は、払い戻しをしないほうが良いでしょう。

今回はロンドン旅行には欠かせないオイスターカードについて紹介させていただきました。

↓こちらの記事もチェック