旅行や映画、その他生活に関することを紹介

【体験談】他県ナンバー狩り被害…対応方法や対策、修理費など

コロナの関係でよく聞くようになった他県ナンバー狩り

今回、なんと自分が被害に遭ってしまいました…

旅行に行った訳でもなく、月極めに止めていたのですが社用車だったためナンバーは他県でした。車へのいたずらは本当に辛いですね。

今回は発見から対策までの流れを紹介します。

もし同じ被害にあった方がいれば参考にしてみてください。

他県ナンバー狩り被害…対応方法や対策、修理費など

色々な偶然が重なり、今回は被害に遭ったのかもしれません

まずは引っ越したばかりであり、社用車で他県ナンバーだったため月極めであってもターゲットにされてしまったようです…(憶測ですが)

  

他県ナンバー狩りとは?

地元ナンバー以外の車両への嫌がらせ行為・車へのいたずら行為を他県ナンバー狩りといいます。

特に観光地などで多数発生しているようです。

また、緊急事態宣言が解除され、動けるようになった営業車なども被害にあっているようです。

発見

4月の月曜日に後部ドアに傷跡を発見しました。

 

 

何かペンなどで傷をつけたような線が書かれていました。

その前の週の金曜日には傷がなかったので、土日どちらかで付けられてしまったのかもしれません。

子どもが車へいたずらしたのかな?と思いましたが、このあたりで遊んでいる子どもを見たことはありませんでした。

犯人か?動画撮影

月曜日に発見しましたが、仕事が忙しくなかなか電話ができず

犯人が近くにいるのではないか?本当に他県ナンバー狩りなのか?近所トラブルでは?

と色々考え、1日様子を見ることにしました(後々、これが失敗だったとわかります…)

ベランダから車を観察してみました。

そうすると、見知らぬおばあさんが私の車に近づき、ワイパーを動かす、ミラーを畳むなどのいたずらを始めました。

なぜか車のナンバーをメモしていました。

もしかしら、このおばあさんが傷も付けたのでは?と思いとりあえずいたずらしている所を動画撮影

その後、近所の交番へ電話しました。

警察へ通報

電話後20分程度で警察が到着、現場検証をしてもらいました。

一連の流れを説明したところ、傷は付けられてから数日たっているようなので指紋は消えているだろうから取れないとのこと。

とりあえず被害届けを出すことになりました。

おばあさんがいたずらをしている動画を見せましたが、これでは傷の証拠にはならないため犯人とは断定できないとのこと(そりゃそうですよね、私もそう思います)

ちゃんと被害届を出すには、修理費の見積りを出さなくてはいけないと言われました。

修理はしなくてもガソリンスタンドで見積り書は出してもらえるとのこと。

また、怪しいおばあさんに関しては、証拠を提示してもらえれば警察からおばあさんに聞いてもらえるようでした。今回の動画は傷を付けているわけではないので証拠にはなりません。

ただ、もしまた車の周りをうろちょろしていたりいたずらしているようなら110番してくれたらすぐ行きます!と言ってくれました。

交番への電話ではなく110番でないと早く対応できないとも言われました。(知らなかった…)

とりあえず警察とはこれで終了、後日見積り書を渡しに行く約束をしました。

見積り書作成、修理費は?

 

警察の方より、見積り書はガソリンスタンドで出してもらえますよ~と言われたので近くのエネオスへ

なにも調べず行ってみました。

そこでエネオスのスタッフさんより、工場がないガソリンスタンドだとすぐには見積りが出せない、しかも今はコロナの関係で時間かいつもよりかかると言われます。

また、エネオスフロンティアならすぐに見積り書が出せると教えてもらいました。

近くのエネオスフロンティアへ

傷痕をみてもらいましたが、傷の正確な度合いは一度磨いてみないとわからないとのこと。

他県ナンバー狩りだなんて最悪ですね!と話ながら見積りを出してもらいました。

所要時間は約15分程度。説明もしっかりしてくれました。

見積りとしては、後部ハッチバックの取り替えの場合9万円が最大金額とのこと

人によっては保険を使う方もいると思います。

また、傷の程度をみるために磨く必要があり、その磨くための料金が7千円。

最低でも7千円がかかるとのことでした。

警察へ見積り書提出

ガソリンスタンドでもらった見積り書を交番へ持って行きました。

現場検証を担当した警察官の名前を聞かれるので覚えておく必要があります。

渡して終了、数分しかかかりませんでした。

何かあれば連絡をくれるとのこと。

二回目の被害…

このまはでは傷が増えるのでは?と思い

在宅勤務中は車が見える所で仕事をしていました。

チェックしていたつもりでしたが数週間後にまた傷が増えていました…

警察に言っても同じなのでは?と思い、これは自己防衛しかない!と心に決めます。

対策(監視カメラ、カバーなど)

証拠を集めるために監視カメラを買うことに決めました。

車の中とベランダから車周辺を観察するための2台を購入しました。

トレイルカメラを購入

私は今回この2つのトレイルカメラを購入しました。

WIMIUSトレイルカメラ

  

APEMAN H45トレイルカメラ

値段としてあまり高くないということもあり、購入しました

   

スペック

WIMIUSトレイルカメラ

  • 2000万画素・1080PフルHD
  • 20MPの高画質にフルHD,暗い環境でも野生生物を検知
  • 70°広角レンズ
  • モバイルボディセンサーと赤外線LEDにより人や動物の動きを検知し、自動的に記録
  • -15°~60°Cの温度範囲で、単3電池4本または8本(別途購入)で最大6ヶ月稼働できます。
  • 赤外線カメラ、動体検知カメラ、防犯カメラ、監視カメラ、隠し暗視カメラ、防水カメラを一体化
  • 【購入後12ヶ月のメーカー保証あり 

  

APEMAN H45トレイルカメラ

  • 16MPの高画質とフルHD 1080pは、昼間のカラー画像と夜間の白黒画像赤
  • 外線LEDライトでは、夜間や日中に撮影された暗い環境でも、鮮明な画像を撮ることが可能
  • 60°以内の人や動物の動きを検出し、自動的に記録
  • 夜間撮影(15メートルの範囲)には26個850nmの赤外LED(オプション940 nm)
  • IP66に準拠しているため、優れた埃や落下抵抗を持ち、雨や埃などの過酷な環境でも使用可能
  • 8本の単三電池(電池が含まれていません)の最大待機時間は6ヶ月
  • 日本語の説明書が添付。設定言語を日本語に変更することもできます。 購入後12ヶ月以内のメーカーの保証

使い方

タイムラプスなども使えますが

それでは動きが細かく保存できないので

動きがあったときのみ数分撮影する設定で設置しました。

値段

どちらも1万円以内で購入できました。

購入方法

私はアマゾンで購入しました。

1万円以内で購入できる監視カメラもたくさんあります。

アマゾンで購入できるトレイルカメラ一覧はこちら

  

 

 

カバー

後部を隠すためにカバーも購入しました。

こちらもアマゾンで購入しました。

カバーもあまり高いものではなのを選びました。

アマゾンで購入できる車カバー一覧はこちら

 

県内在住者ステッカー

自治体で提供しているステッカーを貼るようにしました。

ちなみに自治体のほかにアマゾンでも購入ができるようです。

アマゾンで購入できる在住者ステッカー一覧はこちら

   

結果は?

とりあえず今の所は追加で傷を付けられることはありません。

カバーも付けてますし。

ベランダからのカメラにも怪しい人は映りません。

対策をしたことが分かり、もうやらなくなったのかもしれません。

   

他県ナンバー狩りに遭って

まさか自分が被害者になるとは思っていませんでした…

被害者は色々と対応しなくてはいけない、且つお金もかかるということがわかりました。本当に凹みますよね…

他県ナンバーの車に乗っている方は、被害に遭われる前から対策をすることをおすすめします。

今回は他県ナンバー狩りにあった体験談を紹介いたしました。