旅行や映画、その他生活に関することを紹介

ハワイ旅行で注意するポイント

年末年始の旅行計画がもう立てましたか?

日本から距離も比較的近く、冬であっても快適な気温のハワイは日本でも人気ですよね。

今回はそんなハワイへの旅行で注意するポイントについて紹介いたします。

    

     

ハワイ旅行で注意するポイント

ハワイは日本人観光客も多く、比較的治安も良いといわれています。

そんなハワイでも見逃してはいけないポイントがあります。

    

     

    

 

持ち込み禁止の食べ物など

ハワイには日本から持ち込んではいけない食べ物があります。

  • 肉や野菜、果物などの生鮮食品
  • 乳製品、卵製品
  • 肉エキスの入った食品

特に注意していただきたいのが、肉エキスの入った食品です。

実は肉エキスが入った食品は数多く存在します。

カップラーメンや、コンソメを使ったスープ関係の物
スナック菓子などなど・・・

ハワイには日本の商品も多く売られているので、どうしてもハワイでカップラーメンを食べたいと思った際は現地調達をおすすめします。

    

 

公共の場での飲酒は禁止

これはハワイに限らず、日本国外では多いことなのですが

公共の場でお酒を飲むことは禁止されています。

公園や道端などでは絶対に飲んではいけません。

また、ハワイではお酒が飲める年齢が21歳からですので注意してください。

お酒を買う際はIDをチェックされるので、パスポートをしっかり持ち歩きましょう。

        

  

  

歩きスマホにご注意

知らない地を歩く際に、マップは必要ですよね。

スマホで地図検索する人も多いとは思いますが、
歩きスマホはせず、立ち止まって検索されることをおすすめします。

ハワイは治安が良いといっても日本よりやはり盗難などが多いです。

歩きスマホをしていると、そのままスマホを抜き取られるという話も聞きます。

盗難対策のためにも、歩きながらではなく立ち止まってスマホを見ましょう。

またハワイでは横断歩道を渡る際にスマホをみながら歩行すると罰金の対象になります。

    

    

      

JAY WALKにご注意

横断歩道以外を歩行者が渡ることをJay Walkと言います。

このJAY WALKを警察に見つかってしまうと罰金の対象になります。

ワイキキの辺りはお店も多く、早く目的のお店でショッピングしたい!と焦る気持ちになってしまうかもしれませんが

我慢してしっかりと横断歩道を渡りましょう。

    

    

日焼け止めは現地調達がベスト

ハワイを十分に楽しみたいなら強い日差しから肌を守るために日焼け止めが必要ですよね。

日焼け止めは現地で購入するのが良いです。

というのも2018年にサンスクリーン法というものがハワイで成立し

オキシベンゾンと、オクチノキサートが含まれる市販日焼け止めの販売や流通が禁止されることになりました。

この成分がサンゴ礁に悪い影響を与えるからです。

2021年からの適用とのこです。

上記の成分が入っているかどうか調べるのも大変ですし、日本の製品は オキシベンゾンと、オクチノキサートが含まれている商品が多いです。

そのため、現地で調達するのが良いでしょう。

またハワイの日焼けどめは日本のと比べてもSPF値が高く、種類もたくさんあるため自分に合うものを探すのも楽しいですね。

日焼け後のケアも忘れないでくださいね。

     

     

  

しつこいチップの要求にご注意

ハワイに行ったことがある方なら、見たことがあるかもしれませんが

ワイキキのカラカウア通り辺りにはストリートパフォーマンスをやる人や絵を描いてくれる人などがたくさんいます。

基本的には何かされるということはないのですが

鳥を肩に乗せてきて写真をとってくれる方には注意です。

チップ文化のない日本人は多めに要求されてしまうこともあります。

もちろん、一緒に写真を撮りたくてチップを払うのであれば問題ないです。

    

     

エコバックを忘れず

ハワイではビニール袋が有料のお店が多いです。

ハワイだけでなく海外では多いので、一つでも持って行くと便利かかと思います。

   

いかがでしたでしょうか。

日本人観光客が多いとはいえハワイも海外なので

いろいろと注意しなくてはいけないですね。

今回は ハワイ旅行で注意するポイント について紹介いたしました。