旅行や映画、その他生活に関することを紹介

紅茶の種類とおすすめの飲み方

暑い季節が終わり、だんだんと寒い季節が近づいてきましたね。

今日はこれからの季節にピッタリな紅茶の紹介をさせていただきます。

世界中にはたくさんの紅茶の種類が存在しています。しかし、茶葉などに同じくらい種類があるというわけではありません。

生産方法や、産地の気候やによって同じ茶葉であっても香りや味が変わります。そのため産地の名前が付く紅茶も少なくありません。

それでは紅茶の中でも特に有名な銘柄と特徴をご紹介していきましょう。

  

  

ダージリン

産地:インドのダージリン

おすすめの飲み方:ストレートティ、ミルクティ

年に3回の収穫期があります。(1stフラッシュ、2ndフラッシュ、オータムナル)シーズンによって香りに変化があります。
世界三大紅茶の1つです。紅茶で唯一ブランディングが成功した銘柄と言われています。

  

アッサム

産地: インドのブラマプトラ河の両岸に広がるアッサム平原

おすすめの飲み方:ミルクティ


雨が多い土地ということもあり、 甘みが強く味にコクがあります。濃い茶褐色をしています。 6~7月のセカンドフラッシュがアッサム特有のコクがあり人気です。また芳醇な香りも魅力的で、ミルクティーに最適です。

   

   

  

ジャワ

産地:インドネシアのジャワ島

おすすめの飲み方:ストレートティー、ミルクティ、アイスティ

日本でもおなじみの紅茶です。味・香りともに軽めです。 セイロンティーに似たマイルドなフレイバーと言われています。その軽さから食事ともよく合い、ゴクゴクと飲めるものが多いです。

  

キーマン

産地: 中国の安徽省南部

おすすめの飲み方:ストレートティ、ミルクティ

独特の燻製香が特徴であり、渋みが弱く甘みがあります。ミルクティーにすると独特の風味を楽しめます。キーマン茶は品質のランクが多く、特級茶の香りは蘭に似ていると言われています。偽物も多く、本物に出会うのは難しいです。 世界三大紅茶の1つです。

   

ウヴァ

産地:スリランカ

おすすめの飲み方:ミルクティ

世界三大紅茶の1つであり、バラのような香りがあります。 8、9月の乾季には収穫量が少ないですが、品質がよくメントール系のフレイバーが加わります。

ストレートでも独特の香りが楽しめますが、ミルクを入れると爽やかなミルクティーを楽しめます。

    

本日は 紅茶の中でも特に有名な銘柄と特徴 、おすすめの飲み方を紹介させていただきました。

これからの季節、一日の最後に紅茶を飲みながらリラックスできる時間を作りたいですね。