旅行や映画、その他生活に関することを紹介

冬のロンドン旅行で気をつける点

冬のロンドンはオフシーズンということもあり、航空券もいつもより少し安くなります。この機会にロンドン旅行を計画!という方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は冬のロンドン旅行では注意しなくてはいけない点があるのです…。

もちろん、冬でも十分にロンドンを楽しむことができますが、それについてはまた別のブログでご紹介させていただきます。

冬のロンドンは早く暗くなる

ロンドンに限らず、冬のヨーロッパは夜が長いですよね。夕方16時くらいにはロンドンの町は暗くなってしまいます。また、「ロンドン名物は曇り空」とも言われるくらい、太陽の光がでないことで有名なためどことなくどんよりとした雰囲気があります。

ですので、旅行計画を立てる際には野外での観光はなるべく早くの時間に設定するのが良いでしょう。

暗くなってしまってからでもパブ巡りを楽しんだり、曜日によっては遅くまで美術館・博物館などが開いていることがあるので調べて行くと無駄なく楽しむことができると思います。

   

    

交通機関が動かないかも?

ロンドンでクリスマスを過ごすことに憧れる方も多いのではないでしょうか?クラシックな街並みにイルミネーションなど、魅力が満載なロンドンのクリスマスですが、実は注意しなくてはいけないことがあるのです。

クリスマスを含む年末年始は、公共交通機関(バス、地下鉄など)は運休したり本数が減ったりします。また、タクシーにおいても料金が上がる場合があります。

最新の情報に関しては、ロンドン交通局サイトでチェックする必要があります。12/23〜1/3までの間でロンドン旅行を計画中の方はご注意ください。

クリスマスデーにご注意

クリスマス近辺はお休みなってしまう美術館や博物館、その他のお店が多いので注意してください。

ご飯を食べたくてもなかなかレストランやスーパーが開いていない等、お店探しには少し苦労してしまうかも…(もちろん、営業中のお店もあるので探せば大丈夫です!)

せっかく来たのに博物館等なにも見れないのは残念ですよね。しかし、教会などはクリスマスが1年においても重要なイベントとなるため開いています。

なかにはクリスマス用のプログラムを用意している場合もあります。クリスマスイヴやクリスマスにロンドン観光を計画している方は、教会へ行ってみるのも良いのではないでしょうか。

有名なセントポール大聖堂などでは無料で中をみることができる場合もあります。賛美歌をいっしょに歌ってみるのもクリスマスを満喫するには良いですよね。

    

    

ボクシングデーにもご注意

12/26はボクシングデーと言って、ロンドンでは大規模なバーゲンが行われます。有名百貨店のハロッズやセルフリッジズにはオープン前から多くの人が並んでいるような状況です。

それもそのはず、こちらのバーゲン、めちゃくちゃ安くなるのです。

一度は有名百貨店へ行ってお買い物したい!と思いますよね。ですが、このバーゲン非常に過酷です…セルフリッジズがある通りなどはお祭り状態。大量の人でごった返します。人にぶつかりながら歩くような状態です。

また、ロンドンの人たちは信号を無視して歩くことが普通なので酷い渋滞にもなります。(ボクシングデーにはバスでの移動も渋滞があるので、注意してくださいね!)

イギリス人の友人に聞いたところ、人が多すぎて行く気になれないと話していました…。もちろん、それを覚悟の上でスリなどの対策しっかりしておけば、お安く色々買えるので、行ってみる価値はあります。

ちょっとした冒険の気持ちで行ってみるのも良いのではないでしょうか。

   

    

    


以上が冬のロンドン観光で気をつける4点です。

よく言われる寒さに関してですが、実はあまり東京と変わらないと言われています。

冬のロンドンはイルミネーションも綺麗で魅力的です。満喫するためにも事前に注意点を踏まえて旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

また、冬のロンドンの楽しみ方についてもブログがかけたらと思います。

↓こちらの記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です